CATEGORY

体験ダイビング

フルフェイスマスクを使った体験ダイビングはシュノーケリングよりも簡単で、今までシュノーケリングやダイビングの経験がないお客様でも宮古島でのダイビングを楽しめます。

宮古島に来たら、透明度抜群の伊良部島や下地島で体験ダイビングにチャレンジしてみてください。伊良部島マリンセンターの体験ダイビングではフルフェイスマスクを選ぶことができます。フルフェイスマスクは顔全体を覆うため、鼻や口に水が入る心配がありません。安全で快適なフルフェイスマスクを使った体験ダイビングなら、ダイビングが初めての人でも、宮古島旅行で気軽にダイビングを楽しむことができます。体験ダイビングの思い出はスタッフが水中写真に収めてプレゼント!

f流フェイスマスク体験ダイビング

概要

プログラム:初心者向け体験ダイビングツアー
日程:半日(移動時間も含めて約3時間)
参加対象:ダイビング経験がないお客様〜
参加費:14,300円〜 税込
お申し込み:1名様〜
伊良部島マリンセンターの体験ダイビングは簡単で楽しい!がテーマです。フルフェイスマスクとベテランインストラクターの指導で、体験ダイビングは超!簡単、快適になりました。
プログラムの詳細を確認する
日程 半日(移動時間も含めて約3時間)
参加費(税込) 午前1体験ダイビング 14,300円 午前2体験ダイビング 20,900円 午後1体験ダイビング 14,300円 現金、VISA、Master、Amex、JCB、Diners
申込人数 1名様〜
参加条件 中学生以上 65歳以上のお客様は医師による参加許可をご提示ください。詳細は健康チェックリストでご確認ください。
集合時間 午前ツアー 8:00 午後ツアー 13:00
集合場所 伊良部島マリンセンター
費用に含まれるもの 体験ダイビング参加料 器材レンタル料 フルフェイスマスクレンタル 水中写真データ お飲み物 タオル 消費税
費用に含まれないもの  
ダイビングスタイル ボートダイビング(船酔いしない自信がある人以外は酔い止めの服用を)
持ち物 データ移し替え用スマートフォン
その他 水着着用でご集合ください。
集合時間や集合場所の変更がある場合や海況等の問題によりツアーが中止となる場合は、事前にご連絡を差し上げます。
 

体験ダイビングツアーの特徴

伊良部島マリンセンターの体験ダイビングには多くの特徴があります。詳細は次のタブをクリックしてご覧ください。

体験ダイビングツアーの特徴を確認する

フルフェイスマスク標準装備

フルフェイスマスクを標準装備にしました。顔全体を覆う安心感や耳抜きのしやすさ、マスクに水が入らないこと、何かを口にくわえる必要がないことなどの理由で多くのお客様から好評を得ています。シュノーケルでの呼吸よりも簡単なので、ダイビングを楽しむことに集中していただけます。スキューバダイビングとフルフェイスマスクに関する詳細な実験記事はこちらをご覧ください。 ※ ご希望があれば一般的なマスクとレギュレーターの組み合わせも選べます。

体験ダイビングの行き先

わしたちが出かけるのは、宮古諸島の中でもダイバーに人気の伊良部島と下地島のサンゴ礁域です。(ノンダイバー向けの安全規定で水深12mを超えることや洞窟内に侵入することはできません)

伊良部島北東部サンゴ礁域

5月から10月ごろの南風の季節は伊良部島北東部がダイビングエリアになります。青の洞窟、さば沖、座礁船、白鳥幼稚園、Wアーチ、カメ根などと名付けられたポイントが集まっています。入り組んだサンゴ礁と比較的ウミガメとの遭遇率が高いエリアになっています。

下地島南西部サンゴ礁域

10月から5月ごろの北風の季節は宮古島のダイビングポイントとして有名な下地島南西部がダイビングエリアになります。ミニ通り池、アントニオガウディ、中の島、サンゴホールなどがあるエリアです。水中洞窟を少しだけ覗いてみたり、迷路のような地形を探検したりすることができます。

ボート

ポイントまでの乗船時間

伊良部島マリンセンターのダイビングボートは夏は佐良浜港(伊良部島)、秋冬は渡口港(下地島)または長山港(伊良部島)を利用しています。宮古島発に比べると移動距離は1/2〜1/4程度です。センターのボートでは片道20分程度。

ボートの設備

  • トイレ
  • シャワー
  • 緊急用衛星通信設備
  • 酸素供給キット
  • AED

※ 乗船スタッフは全員が救急法の指導員資格(EFRI)を有しています。

水中写真プレゼント

水中での思い出の写真をプレゼントします。

キャンセル規定

  • 前日キャンセル……………….参加費用の50%
  • 当日キャンセル……………….参加費用の100%
  • 不参加…………………………….参加費用の100%

船酔いや波酔いなどの体調不良を含み、お客様のご都合で当ツアーにご参加いただけなかったり、当ツアーを中断した場合の返金や減額はありませんので、十分な体調管理をお願いします。 海況により行き先が代替地に変更になった場合も返金や減額はありません。事前にご了承ください。ただし、ツアーが中止になった場合は全額返金致します。  

おすすめ記事

フルフェイスマスク の二つのメリット フルフェイスマスクはいくつもメリットがありますが、体験ダイビングに参加するゲストにとって次の二つはとても大きなメリットだといえます。 マスクに水が入りにくい 確実に呼吸が確保される[…]

ダイビング用フルフェイスマスク
  • 2021年9月7日

初めてのダイビングなのにこんなに楽しい!

フルフェイスマスクはやっぱり安心! みなさんはもう10年以上、ひょっとしたらもう何十年も「でんぐり返し」なんてしたことがないのではありませんか? 今日は体験ダイビングの自由時間に楽しんだ「でんぐり返し」の映像をまとめてみました。 大人たちの日常生活で「でんぐり返し」をする機会はほとんどなくなっていると思いますが、水中が楽しい時間なら、みんな子供のように「でんぐり返し」にもチャレンジしてくれます。 […]

  • 2022年3月30日

【重要】スクーバダイビングへの参加と健康チェックリスト(2020年版)

スクーバダイビングは水中で行われること、圧力変化の大きな環境で行われることから、陸上での活動ではあまり問題とならないような怪我や疾病が大きな問題となることがあります。自分自身を守るためにも、他のダイバーに迷惑をかけないためにも、正しく健康チェックを行ってからダイビングに参加してください。 ダイビングのための健康をチェックしてみよう 基本的な質問 以下のいずれかが当てはまる場合は医師による評価シート […]

  • 2021年1月21日

クロソラスズメダイは専業農家

地味で目立たぬクロソラスズメダイ 伊良部島ではビーチなどの浅い水深でよく見る魚ですが、色が地味で、デバスズメダイのようにふわーっと自分のテリトリーから離れるようなこともなく、いつもサンゴの隙間をちょろちょろしている、ダイバーが近寄るとやたら追い返そうとする、どちらかというと目立たない魚がクロソラスズメダイです。 よくよく見ると必ず周りに海藻がある サンゴの隙間をちょろちょろしているのですが、よく観 […]

  • 2021年1月21日

夏の体験ダイビングポイント

宮古島はいつも風が吹いている島です。この風は季節によって吹く方向が異なります。夏場は南寄りの風が多いため、島影になる北側でのダイビングが多くなります。ダイビング船の多くは伊良部島の北部に集中します。 ボート体験ダイビング 有名な青の洞窟を越えて10分ほど走ると伊良部島マリンセンターが主に利用している体験ダイビングポイントに到着します。 青く透明度の良い海 体験ダイビングポイントは三角点やフナウサギ […]

  • 2021年1月21日

深呼吸でダイビングの緊張をリセット

初めて体験ダイビングに参加したり、久しぶりにダイビングに参加したりするダイバーの多くは緊張状態にあります。過度の緊張は呼吸に大きな影響を与え、ななかなか潜降できない、浮力調整がうまくいかない、空気がすぐになくなってしまう、疲れるなど様々な問題を引き起こします。そして引き起こされた問題によって緊張はさらに高まり、呼吸の乱れもさらに激しくなってしまいます。 このような緊張の連鎖は早い段階で断ち切り、通 […]

  • 2021年1月21日

体験ダイビングで水中カメラを使いこなす

思い出を写真に残そう せっかく旅行に来たのなら、綺麗な景色や一緒に来た人と一緒に写真に思い出を残しておきたい!とみなさん思われることでしょう。 陸での写真はみなさん撮り慣れていると思いますが、水中での写真は撮り慣れていない方がほとんどなのではないでしょうか? でも、せっかく体験ダイビングをするのですから記録に残さないなんて選択肢はありません。 そこで、今日はたくさん海の写真を撮ってきたスタッフが、 […]

  • 2021年1月21日

体験ダイビングよくある質問

宮古島の気温、水温、降水量は? 宮古島の季節はどんな感じ? 4月〜5月 宮古島の海開きは4月の第一日曜日。 この季節は夏に向かって気温水温共に暖かさをどんどん増していきます。宮古島の冬から夏への変わり目なので風向きが変わりやすく、冬の風に強い下地島方面のポイントに行く場合も、夏の風に強い伊良部島方面のポイントに行く場合もあります。 梅雨 宮古島の梅雨は 5月中旬〜6月中旬頃 です。 「毎日しとしと […]

  • 2021年1月21日

体験ダイビングやシュノーケリングで楽しむ中の島ビーチ

サンゴの風景 体験ダイビングで最初に驚くことはサンゴの多さ。いろいろな形のサンゴがたくさん集まって、みんな生き生きとしています。まずは、このビーチの最大の特徴であるサンゴをご紹介しましょう。 サンゴは動物 「サンゴ」は3つのものからできています。サンゴの本体である「ポリプ」、ポリプの体内に住む「褐虫藻」、ポリプの周りを囲む硬い「骨格」。これらをまとめて私たちは「サンゴ」と呼んでいます。 ポリプはク […]

  • 2021年1月21日

宮古島のウミガメ

宮古島にはアオウミガメ が多い 伊良部島マリンセンターのマークにもなっているウミガメ。宮古島にはたくさんのアオウミガメ が生息しています。体験ダイビングで出会えるチャンスがありますので、ウミガメに優しく近づく方法を考えてみましょう。 アオウミガメの生活 日本ウミガメ協議会付属の黒島研究所のサイトにはアオウミガメの生態について次のように書かれています。 アオウミガメの生活は沖縄で行われた背中にカメラ […]

  • 2021年1月21日

ダイビング女子必見!美髪ケア

南の島に一度来たことがある人ならなんとなくイメージできますか?南の島のダイビングインストラクターの髪の毛・・・ 男女問わず茶髪で所々金髪ではありませんか? あれはおしゃれでなく、(おしゃれで染めている方がいらしたらすみません)自然と出来上がった髪色なのです。 髪を守るキューティクル 水にはPHという値があり、水素イオン指数と言いますが、アルカリ性、酸性、中性の値を表しています。数値が大きければ大き […]

>宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!

宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!