ボート体験ダイビングはウミガメとの出会い

いつもの場所へ

台風9号のうねりも収まり、午後はいつもの場所へ体験ダイビングに出かけました。

水中は濁りもなく、明るく、いつもと同じ穏やかさがありました。

そしていつもと同じように、フレンドリーなウミガメたちが私たちを迎えてくれました。

ダイバーと初めてダイビングのお客様

午後の体験ダイビングのお客様はダイバーと初めてダイビングのお二人でした。

初めての人の多くがそうなのですが、フルフェイスマスクをつけていても、水に顔をつけるときについつい大きく息を吸って止めてしまいます。

息を吸ったままだから苦しくなります。

今日の初めてダイビングのお客様もついつい息を吸ったままに。

「苦しいです」

「息を吸いっぱなしにしないでくださいね。ちゃんと吐かないと次が吸えませんから」

さぁもう一度、肩の力を抜いて。息を吐くことを忘れないで。

 

しばらく水面で呼吸練習したのち、いよいよ潜降ロープにつかまって潜降開始。

ロープにつかまりながら自分のペースで降りて行くので、耳抜きは難しくありません。

下まで降りたらもう一度呼吸を整え、ダイビングの始まりです。

 

今日の体験ダイビングの楽しみはウミガメを探すこと。

ゆっくりゆっくり泳ぎ始めると、潜って5分、早くもウミガメが登場しました。

のんびりと中層を泳ぐウミガメです。

どこへ向かっているのか、ふわりふわりと沖の方へ消えていきました。

さらに進むと、今度は岩の間でうたた寝している?ウミガメに出会いました。

脅かさないようにそっとそっと近づきます。

優しく近づいたのでウミガメとの記念写真まで撮ることができました。

 

初めてダイビングのお客様もずいぶん水中に慣れてきました。

ダイバーのお客様と会話(目と目で)しながら、クマノミの写真を撮ったり、何かを発見したり楽しそうです。

最後には二人手を繋いで泳げるまでになり、30分の体験ダイビングは楽しく終了しました。

ウミガメも、コバンザメも、クマノミも、グルクンやウメイロモドキの群れも、いろいろなものをいっぱい見ることができました。

>宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!

宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!