アドバンスド・リブリーザー・ダイバー誕生

POSEIDON SE7EN

PADIリブリーザーコース

今回のコースはリブリーザー・ダイバーコースとアドバンスド・リブリーザー・ダイバーコースを合併したインテグレーテッドコースでした。

初日

ポセイドンリブリーザーの組み実習。組み立てながらそれぞれのパーツの役割を知ることでポセイドンリブリーザー全体の仕組みを学んでもらいました。

組み立て実習が終わったらPADIリブリーザーコースのお勉強。リブリーザーを使う上でのリスクマネージメントを主に学びます。

フルレクチャーが終わるとファイナルエグザムです。学科は夕方までで、あとはバッテリーを充電するなど明日の準備を行えば初日は終了です。

2日目

実技の中で最も重要なのがコース2日目、実技の初日です。この日にリブリーザーの特性をしっかり理解できれば、あとの日程は慣熟潜水、楽しく過ぎ去っていきます。レクリエーショナル範囲のリブリーザーダイビングでキーとなるダイビングスキルは数項目しかありません。しかし、この数項目がダイビングにものすごく大きく影響するので、手順を間違えないように丁寧に丁寧に学んでいきます。

3日目

慣熟潜水の始まりです。2日目に学んだ内容はダイビングのあらゆる場面で必要になります。オープンサーキットとは全く異なるスキルなので、色々な課題をクリアしながら、キースキルを体に覚え込ませます。スキルの自動化を目指します。

4日目

コースの最終ダイビングでは自分がリブリーザーダイバーに値することをインストラクターにアピールします。インストラクターは生徒ダイバーが助言なしで機材を組み立て、潜水前テストをおこない、装着し、エントリーし、リブリーザーダイビングを問題なく実施し、ダイビング後のケアまでのすべてを生徒自身で実施できたかを確認します。

認定

コースが終わると、最もシンプルな装備で水深18mまでのリブリーザーダイビングを楽しめるリブリーザーダイバー認定と、追加装備を持って水深30〜40mまでのダイビングを楽しめるアドバンスド・リブリーザーダイバー認定を同時に受けることになります。

今回のお客様は無事、全ての項目で合格したのでダブル認定です。おめでと〜!

>宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!

宮古島でのダイビングは伊良部島マリンセンターで!